意図と祈り

best-astro-photographs-space-pictures-2012-lake-milky-way_59487_big

本日のお話会の質問の中から意図と祈りについて簡単にですが書いておきます。

 

意図とは、何かをしようと思ったり、目的であったり、目指すものであったりと様々ですが、思っていることに対してはっきりとした考えや目的があり、そのエネルギーを引き寄せること、又はスムーズに目的に導かれ為にすることです。

 

故に、1回意図すれば普遍的にそうなるように導かれます。

 

ただし、『私の意図したことは本当に宇宙に届いているのだろうか?』などという思いはネガティブな思考を増長させ、高次元からのサポートが受け取れなくなるので要注意です。

 

意図することにより信頼し委ねることを取り戻してください。

 

 

祈りは、自分の目的を見失ったり、困難な壁が立ちふさがったり、どうしていいのかわからないときなど、天にサポートを要請することです。

 

自分自身が願わない限り天は動きません。

何故ならば、地球という星への天の介入は認められていないので、天は分かっていても自ら動けないのです。

 

どうしていいのか分からないときは天に助けを求めてください。

我を優先させると低次元が動くので要注意です。

 

分からないときは自分の思いをすべて天に預け常にクリアーでいてください。

そうすることにより思考を働かせる必要がなくなります。